2008年7月12日 (土曜日)

7/12 ヤスコとケンジ

新作ドラマガイドで「面白そうだな~」って思った「ヤスコとケンジ」

原作は少女漫画らしいですが、読んだ事はないです。

ドラマとかって、原作を知らないのは、逆に気が楽で良いですねぇ…うん。

 

感想としては…「面白い!」

思いっきりコメディドラマです。すごい笑ったーー。

ベタ…というか、お約束的な部分も多いのだけど、逆にそれが気楽に見れる感じ。

次回も見たいところです。

2008年7月 8日 (火曜日)

7/8 シバトラ

原作が好きなので、見てみました。ドラマ「シバトラ」

  ・

  ・

  ・

あ、ダメ……耐えれない……続けて見るの辛いかも…。

   

なんというか……一部設定と大筋、キャラクター名を借りた別物な感じですね。

それゆえに…シバトラって冠さなくても良いじゃん?って思います。

例えば今回は、のちにメインメンバーになる美月ちゃんのお話なんだけど……

名前だけ同じでべつものなのが…(泣)

設定とかなら、「原作まんまは(ヤバすぎて)ドラマには向かないのかなー」とかあるんだけど……

性格まで違うのはどーかなーとか。

あんなテンションの低い(暗そうな)美月なんてイヤだよー。

お話も全然違うものでした。うーん。

あと他の部分だと…新庄や白豚の設定が違うのもアレだなぁ…。

2008年4月 6日 (日曜日)

4/6 解禁しそこないました

あああああ~~っ
「絶対可憐チルドレン」見忘れた~><
もちろんビデオも撮ってない・・・しょんぼり。

日曜の朝のアニメは(見忘れるから)危険だ……。

ちなみに原作でのお気に入りは葵です。

2008年3月28日 (金曜日)

3/28 安宅家の最終回

「安宅家の人々」の最終回、見ました。

ハッピーエンドじゃなかったけど、バッドエンドでもない真ん中くらいの終わり方でしたねぇ…。

どんな感じだったかといいますと……

久仁子の目の手術は成功、お腹の子供も元気そう。

病室の久仁子の元に雅子がやってきて、「宗一が危篤」だと告げる。

急いで宗一のところへ向かう久仁子。そこには体中包帯だらけで床に臥すの宗一の姿が。

久仁子の目と子供の事を尋ね、「大丈夫」という言葉に安堵する宗一。

そして、たどたどしい言葉で自分にとっての幸せは何であるか分かったと言い、こう続ける――「久仁ちゃん、ぼくと結婚して下さい」

おぉーー。よかったぁーー。

宗一の枕元、二人の結婚式が家族が見守る中行われる。

え?なんで結婚式????…まさか……

宗一はドングリを皆に渡して欲しいと頼み、久仁子にドングリの歌を歌って欲しいとねだる。

歌を聴きながら、宗一は「魂になって久仁ちゃん達を守ります」と言って息を引き取ってしまう……。

ああああああ…宗一さん死んじゃったよぅ;;

その後は…後日談的な話で……

副支配人として安宅高原ホテルを守っていく久仁子と譲二。フラワーデザイナーとしてホテルに関わる雅子。譲二と雅子は離婚はしたけどお互い冗談を言い笑い合える仲に。そして久仁子の子は「宗一」と名づけられて元気に育っている…

そんな感じでした。

しかし……

宗一さんは生きてて欲しかったです。

お父さんになったところ、みてみたかったよーーーー。

 

関係ないけど山小屋の中にお墓とか作ってもいいんだろうか???

2008年3月27日 (木曜日)

3/27 安宅家の人々

欠かさず見てたと言うわけじゃないけど、「安宅家の人々」

昼のドラマなんですが、明日最終回だったりする。

今日は最終回の1話前だったんだけど……どうなるんだ、最終回?!

(以下あらすじ長いです)

-----------------------------

どういうドラマかって言うと…

安宅高原ホテルを経営する「安宅家」に嫁いできた久仁子が主人公で。

彼女の夫の宗一は知的障害を持っていて、結婚とかって実はあんまりよく理解してない感じ。

それでも久仁子は宗一を愛していたし、宗一も久仁子に懐いていた。

宗一には譲二って弟が居て。譲二は兄ばっかり両親が溺愛するんでシニカルな性格に育ってたんだけど、ある時、自分が安宅夫妻の子ではなく、「障害を持つ宗一を守る兄弟が欲しいという理由で他所の女性にお金で生ませた子」という事を聞かされて、安宅家を憎むようになる。

一度は安宅家の外に居た譲二だけど、妻の雅子を連れ、安宅家に戻ってくる。「ホテルをのっとってやる」って野望を胸に。

それだけでも大変なのに、宗一が雅子に恋をしてしまう。

雅子も純粋な宗一の人柄に惹かれていく。それをみて嫉妬に苦しみ、苦悩する久仁子。

それを知った譲二(感情表現下手だけど実は雅子ラブ)は嫉妬し、ますます安宅家を…宗一を憎むように……。

……と、そんな感じなお話で…。

一度は安宅兄弟は和解しかけるのだけど、宗一を庇った所為で譲二は一生足に障害を残す怪我をしてしまい、再び憎むようになり荒れる。

久仁子は、相思相愛な宗一と雅子を前に、自分は離婚を申し出て、二人を結ばせようとする。ところが宗一を送り出した矢先に妊娠している事が分かる久仁子。

宗一は、周囲の人から「自分が雅子と幸せになる事が久仁子の幸せになる」と説得されて雅子の元へ。そして、雅子は、宗一が「久仁子の幸せのため」に自分と結婚しようとしてる事に気がついている。

そんな感情を胸に、宗一と雅子の結婚式が始まる。

そこにナイフを持った松葉杖の譲二が切りかかろうと飛び出すが、止めようと飛び出した久仁子を見て躊躇する。と、その時突然久仁子の視界が真っ暗になり何も見えなくなって……。

…というのが昨日まで。

今日は、譲二は自分のした事の重大さに気がつき、みんなに謝罪する所からはじまります。

「どんな償いでもする」という譲二に、「つぐないいらないです」と宗一。

たどたどしい言葉で、宗一は、譲二を恨んだりしていないから償いはする必要ないと説明する。

雅子は久仁子に「ひょっとして妊娠しているのではないか」とたずねる。

だけど、久仁子は、視力と我が子のどちらかを選ばないといけない選択肢をつきつけられていた。

久仁子は悩んだ末、両方諦めないで手術するという道を選ぶ。

一方、久仁子の妊娠の話を聞いた宗一は、お父さんになると大喜び。

「幸せのお守りのどんぐりを拾いにいく」と言って飛び出していってしまう。それを追う譲二。

早く戻ろうという譲二に、家族みんなの分も拾わなきゃと宗一。

ところが、どんぐり探しに熱中した宗一は、誤って崖から落ちてしまう。 【つづく】

---------------

うわぁ、どうなるんだーーーーー。すごく気になるぅ…

個人的には、久仁子と宗一が二人(子供いれたら3人?)で幸せになるといいなぁと思うのですが……。

譲二と雅子も仲が修復するといいなあとも思うけど…どうかなぁ…。

何がともあれ、兄弟の仲が和解できて良かった良かった。

2007年1月14日 (日曜日)

1/14

今日は大河ドラマ「風林火山」の日
あんまり大河ドラマって見ないんですけど…武田家だもんなぁ…。
「信長の野望オンライン」で武田家に仕官してるので、やっぱ、武田信玄とか聞くと、「キュピーン」ってなるのですよ。
特に「風林火山」は、山本勘助が主人公なので、武田家滅亡までは書かれないだろうし、その点はゆったり見れるかな…みたいな。
やっぱ滅亡するとことか見たくないし……。

さて、テレビを見てましたら、「信長の野望オンライン」で、見た事あるような無いような名前の武将が出てくるので、見に行こうとログインしたら、知人から徒党(パーティ)に勧誘されたので一緒に感想述べながら見てみたり。
「千葉さんカッコ良い」とか「今のかわいい少年は誰?」「勝千代!」「信玄の子供時代」「でも元服したからもう出ないョ!」とか、わいわいチャットしながらで、楽しかったですよ。

何年か前に民法がやった「風林火山」もこんな風にわいわい話しながら見てたんだけど、こういうのってなんか良い!!

2006年10月23日 (月曜日)

漫画とドラマ

なんとなく漫画が読みたかったので帰り道、本屋によって
「のだめカンタービレ #1」と「妖精標本(フェアリーキューブ)1」を買ってみました。

「のだめ~」は、絵はきれいじゃないんだけど面白かったです。
千秋さまと峰くんが良いね。

「妖精標本」は、由貴香織里さんの漫画で読んでみたかったけど買いそびれていたもの。
最初は登場人物の性格とかつかみにくくて「???」って感じだったけど、
主人公が決心するあたりから面白く……。
アーチンの女の子が可愛かったなー。エリヤくんとエインセルも良い。

夜はドラマの「のだめカンタービレ」見ましたよー。
第2話っぽいけど、1巻には出てない人達がでてて、「誰これ???」って感じでした?
話の内容は……1巻の後半部分を軸に色々混ぜてるのかなぁ…?
漫画をドラマにすると、外見とか全然違ってたり、変な演出とか入っちゃって、
個人的には「うーん」って感じが多いんだけど……漫画そのままな感じが良かったです。
配役とかもらしかったし……外見もわりと似てる…気がします。
《原作付きは原作どおり作れ派》の家人も満足しておりました。
熱烈なファンからみたらどーなのか謎ですけど……
あと1巻にでてない人がホントにあんななのかとかも。
まぁ…でも……
このドラマは…どっちかというと原作の漫画読んでから見たほうが面白いかなー?うん。

《原作付きは原作どおり作れ派》といえば……
Dr.コトーはぼさぼさ頭の兄ちゃんで居て欲しかったなぁ…。なんかドラマはイメージ違うし。
あと…(見てないけど)映画版の「笑う大天使」の制服はなんで原作と違うんでしょうね。
いかにもお嬢様学校な制服だったのに…制服に見えない服に変える意味あったのかなぁ…。
原作と違うといえば、「喰いタン」
あまりの違いにドラマから漫画買ってみた人が何と思うのかとても気になります。
原作は主人公って喰う事しか頭にないダメ人間っぽいし、お話もギャグっぽいノリなんだけど、
トリックとか推理の部分はどっちかというと「科捜研の女」みたいな科学的根拠に基づく推理って感じなんですよねー。忠実に作ろうとするなら「ちゃらんぽらんな印象のある俳優」使ったほうがらしくなる…というか……。
やはり主人公役が東山紀之なのでファン層に合わせて変えてるのかしらね。

2006年10月22日 (日曜日)

売ってるのかな?

今日の夕食は「湯豆腐」
昆布だし入れたら美味しかったです。
本来なら昆布でだしを取るべきなんでしょうが、顆粒状の昆布だしでお手軽に~。

夜はゲーム(信On)をしながら、テレビを見ていました。
「発掘あるある大辞典2」で、果物によるダイエットの話題やってました。
私は痩せすぎなのであんまり関係ないんだけどこういうの見るの割と好き。
でもねぇ……
青いみかんやりんごって普通あんまり売ってないっしょ?
もう少し手軽に手に入るものでダイエット効果のあるものってないのかなー?

明日はスーパーで今日紹介されたようなりんごやみかん売り切れてそうです。
何故かうちの近所のスーパーは、あるある大辞典で紹介されたら物は次の日必ず売り切れています。
みんな見てるんだね~。

2006年10月20日 (金曜日)

口論番組

テレビの討論番組は苦手。
特に民放のは特に。
発言している人が居るのに、それをさえぎるように自分の言いたいことを言う…それが嫌。
人の話を聞こうともせず自分の言いたいことだけ言って……
それは口論であって討論ではない。

あるテレビ番組で芸能人?が「義務教育を廃止しろ」と言っていた。
でもねぇ……義務教育とは「親が子供に教育を受けさせる義務」であって「子供が学校に行く義務」ではないのですよ。子供にあるのは「教育を受ける権利」で、親にその義務を課す事でその権利が守られているのです。だから……その芸能人が言う「頭の良い子がその学力にあった教育を受けるべき」という意見は…義務教育廃止とは関係ないんじゃないかな……どっちかと言うと「飛び級制度導入」とかそういう方面かと。
もし…義務教育がなくなると……子供を学校に行かせない親とか出てきて、頭が良かったり勉強したいのにさせてもらえない子供が出てきちゃう可能性があって危険だと思う。

「おいおい…」とか思いつつ見てたんだけど、最後その人、自分の意見が受け入れられなかったとか言って泣き出しちゃって……子供ですか、あなた。
そもそも……人に意見を受け入れてもらいたいなら、「みんなが納得する意見」を示さなきゃいけない。
他者を見下したような自分勝手な意見を言ってて…しかも他の人に「その発言なんかムカつく」って言われるような発言して…受け入れられるはずもなく。
「自分や自分の意見を周囲に受け入れてもらうにはどうすれば良いか?」なんて事は、人と付き合う基本というか……自然に集団生活を送るうちに身につくことじゃないかなぁ……。

まぁ…片手間に見ていたわけですが……ギャンギャンうるさいしなんだかなーな番組でした。
ちゃんとした討論番組ではなくバラエティみたいなもんだからこんなものなのかな。

2006年7月21日 (金曜日)

お館さま

何気にケーブルテレビをつけてみたら、大河ドラマっぽいのやってました。
なんとなく登場人物の服装から「戦国時代」っぽいです。
とは言うものの大河ドラマの大半は戦国物なので……いったい誰の話だ???
時間的にもうすぐ終わりそう(あと数分)なのだけど、何かヒントとなる映像や名前や台詞は出てこないかしら??
あ、中井喜一だ。
え?あ…じゃまさか…… (ドキドキ)
画面は切り替わり、若い侍風の男が荒々しく廊下を歩いている。
それを止めようとする年長の男と内掛けを着た女性……。
「えぇい、この太郎義信、何も恥ずべきことなどない」

よしのぶーー?!
って事はこれ「武田信玄」じゃん!!

えええー、ケーブルテレビで「武田信玄」やってたのーー??
あぁん、もう少し早く気がつけばよかったよーー。

フォトアルバム

このブログについて

  • 管理者「ひにゃ」の日常をつづったブログです。
    毎日更新はされません。
    時々まとめて日記が更新されます。
Powered by Six Apart
Member since 04/2006